分かりやすく良心的な料金体系で安心です
皆様から感謝のお手紙を頂いております
安かろう悪かろうの葬儀は絶対に行いません!
是非、他葬儀社と比較してみて下さい。 これが、低価格で、尚且つきちんとした家族葬が提供できる理由です。 そして多くの場合、御希望に沿うことができます。
特定非営利法人NPO家族葬の会は‘家族葬‘を広めるために活動してきました。
平成16年~ 特定非営利活動法人 「NPO家族葬の会」を立ち上げ。
平成18年~ 「小さなお葬式(小学館)」で、「家族葬を支援する団体として紹介されました。
平成18年~ NHK総合「ゆうどきネットワーク」で、NPO家族葬の会が紹介されました。
平成18年~ ABCラジオ「ニュース探偵局」インタビューで紹介されました。
平成19年~ 「家族葬のかしこい進め方」(大泉書店・共著)出版』、
平成22年~ 「JWAVE(JAM THE WORLD)出演」を入れてください。

現在、当会の活動は全国へと広がっています。 
→NPO家族葬の会とは?はこちら


これが葬儀費用の正体です

この業界では、「見積りを出してもらったら提示してあった料金より高くなった!」とか、「結局、見積もり金額より請求が高い!」ということが頻繁に起きています。
こんなことにならないよう、注意が必要です。
このページでは実際どのようなことに気をつけて料金表示をみればいいか、ご説明させて頂きます。
◆「一式○○万円、追加料金なし」、「一式(セット)○○万円」という料金表示にはご注意!
葬儀は実際、状況に応じて合計金額が簡単に・大きく変化します。

これが葬儀費用の正体です
ごあいさつのイメージ 特定非営利活動法人「NPO 家族葬の会」は、家族葬支援センターとして、皆様の葬儀に関するサポートさせていただいております。

昔の葬儀業界は「葬儀料金は値切らない」といわれていましたが、今では値切るための情報(必要・重要です!)が、たとえば自分がやった葬儀の料金や葬儀社の評判などの情報が交換されているようです。葬儀社も「最近の風潮」を嘆いてなどいないで、その風潮に沿った営業をするようになってきているようです。

故人の意思を尊重したいとは思うものの、どうしたらいいのかわからない、料金体がわかりづらい、安心した葬儀を執り行いたい…など、不安をお持ちの方も安心していただけるようにNPO家族葬の会を立ち上げ、活動を行っております。
生活保護の方へNPO家族葬の会では、少ない予算でできる 生活保護所帯向け‘民生葬’も取り扱っております。
家族葬は、宗教葬であるか無宗教葬であるか、式場の場所などを問いません。
又、「家族の絆を確かめながら故人との最後の別れをの時間を送る」ため、次のような内容になります。

1. お葬式の相談ごとにご家族が十分にかかわって頂く。
2. 納棺・出棺をできる限り家族で行うこと。※常時、お手伝いを致しますので、ご安心を。
3. 参列者は家族・親族と故人を直接知るご友人などが中心になります。
4. 香典を辞退なさる方も多いですが、守るべきというよりも、可能な範囲内で、考えるべきです。
お問い合わせ

東京都(23区・三多摩)神奈川県東部埼玉県南部・千葉県北西部・愛知県南部・三重県四日市市・京都府南部・大阪府・兵庫県南東部・石川県金沢市周辺

お問い合わせ 詳しくはこちら
  • RSS配信
  • RSSヘルプ